So-net無料ブログ作成
検索選択

やなせたかしは創価学会?死去、弟は特攻隊だった! [ニュース]

スポンサーリンク




やなせたかしは、創価学会だったのか。
アンパンマンの作者として有名な
やなせたかし氏が10月13日に死去しました。
享年94歳でした。


やなせ氏が創価学会だったという説についてですが、
はっきりした確証はないようです。
そもそもこの説は、
彼が創価学会系の雑誌「第三文明」に
和希沙也との対談で掲載されたことからきているようです。


第三文明には、創価学会員以外の著名人も
数多く掲載されています。
やなせ氏の対談が、この雑誌に掲載されたからといって、
彼が創価学会だと決めつけるのは早計でしょう。


もし、創価学会であったなら、
公表していてもおかしくないと思います。


やなせ氏の弟さんは、
フィリピンで特攻隊員として戦死しています。
この弟さんは、とても優秀な人だったようです。
中国で出生。京都帝国大学学生から海軍予備学生となり、
フィリピンで特攻隊員として戦死しています。


やなせ氏の代表作「アンパンマン」のテーマ曲
「アンバンマンのマーチ」は、
彼が戦死した弟さんへの想いを寄せた曲だとも言われています。


この曲の歌詞中には、
「今を生きることで 熱いこころ燃える だから君はいくんだ ほほえんで」
「忘れないで夢を こぼさないで涙 だから君はとぶんだ どこまでも」
「時ははやくすぎる 光る星は消える だから君はいくんだ ほほえんで」
といったような言葉でつづられています。
やなせ氏が弟さんを想って綴ったとしてもおかしくありません。


やなせ氏のような太平洋戦争の悲劇を知る著名人が、
次々に去っていきます。


戦争の悲惨さを忘れかけた日本ですが、
あの悲劇を繰り返さないためにも
特攻隊などの事実を後生に語り継ぐ必要がありますね。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。